スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京博物館「東京の交通100年博」

このチラシに目を奪われて、行ってきました。


姉のガイドでに従って、門前仲町の『いり江』の杏クリームあんみつで腹ごしらえ。すっごく美味しかった。
地下鉄の乗り継ぎは、すべてエレベーターかエスカレーターがある入り口。母は、股関節の手術をしてから階段の上り下りを制限されているのですが、姉の名ガイドで楽々でした。


都心の交通ジオラマ。たくさんの人の作品がつなぎ合わされて、一つの作品になってました。電車やバスが走っている姿や電気が点灯されてる感じが面白くって見入ってしまった。


江戸の町のジオラマは撮影オッケー。建物の中までリアルで、身をのりだして撮影。ちょっと暗くて残念。


私が幼少の頃に乗っていた、浅草線5000形。ポストカードを買いました。京成線の三色赤電と同じ色合いです。子供の頃は、何で肌色?って思って、青や黄色のJR線がうらやましかったけど。
都営浅草線から京成線に乗り入れているのは、今では当たり前ですが、電車の相互乗り入れをしたのは、この浅草線が日本発だったそうです。


先週の城下町夏祭り盆踊り大会の時に寄った佐倉美術館で、「東京の交通100年博」のチラシを見つけて、きのう母と姉と3人で両国の江戸東京博物館に行って来ました
都電や都バスの歴史が展示されていて、東京のバスの運転手をしていた父と東京のバスガールだった母の懐かしい歴史が想像できました
入院中の父に見せようと懐かしのバスや町並みが載っている本を売店で購入
江戸東京博物館はとても広くて、常設展示されているゾーンは江戸の町並みの模型がたくさんあって、その大きな模型のリアルさ細かさに驚きました!

過去から現在に至る電車のデザインやフォルムに、ちょと萌え~な自分の新しい一面にも驚きました。

さて、今日も朝から雨ですが、午後には止むと信じR296沿い上宿信号そば月曜屋台営業予定です
明日はさくら山王南図書館バス停そばで火曜屋台です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヤキトリン

Author:ヤキトリン
桜の咲く春も、盆踊りや花火で盛り上がる夏も、意外と祭りの多い秋も、寒さで凍えそうな冬も、夫婦で炭火焼の焼鳥屋台を営業しています。
佐倉市の楽しいイベントにもたくさん出店してますので、
佐倉市のPRと共にその日の屋台の居所をお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。